Git
Chapters ▾ 2nd Edition

A3.6 Appendix C: Gitのコマンド - 検査と比較

検査と比較

git show

git show コマンドは、Gitオブジェクトを、人間が読める単純な形で表示します。このコマンドは通常、タグまたはコミットに関する情報を表示するのに使用されます。

最初に 注釈付きのタグ では、このコマンドを使用して、注釈つきのタグの情報を表示しました。

その後 リビジョンの選択 では、各種のリビジョン選択が解決するコミットを示すために、このコマンドを何度も使用しました。

マージの手動再実行 では、git show でできることの中でもう一つ興味深いこととして、マージが衝突した際に、様々な状態の中から特定のファイルの内容を抽出しました。

git shortlog

git shortlog コマンドは、 git log の出力を要約するのに使用されます。このコマンドは、 git log と同じオプションの多くを受け取りますが、すべてのコミットを一覧表示する代わりに、コミットの作者の単位でまとめた概要を表示します。

短いログ では、このコマンドを使用して、すてきな変更履歴を作成する方法を示しました。

git describe

git describe コマンドは、あるコミットを指し示す何らかの文字列を受け取って、人間が読めてかつ不変であるような文字列を生成します。この文字列は、コミットのSHA-1と同様にひとつのコミットを特定できますが、より理解しやすい形式になっています。

ビルド番号の生成 および リリースの準備 では、後でリリースファイルに名前をつけるために、 git describe を使用して文字列を取得しました。