Git
Chapters ▾ 2nd Edition

7.12 Git のさまざまなツール - バンドルファイルの作成

バンドルファイルの作成

Git データをネットワーク越しに転送する方法(HTTP や SSH など)についてはすでに触れましたが、まだ紹介していない方法があります。あまり使われてはいませんが、とても便利な方法です。

Git では、データを「バンドルファイル」という1つのファイルにまとめられます。これが便利な場面はいくつもあるでしょう。例えば、ネットワークが落ちていて同僚に変更を送れないような場合。あるいは、いつもとは違う場所で仕事をしていて、セキュリティ上の理由によってネットワークへのアクセスが禁止されているのかもしれません。無線/有線LAN用のカードが壊れてしまったとか。もしくは、共有サーバーにはアクセス出来ないので作業内容をメールで送りたいけれど、かといって40ものコミットを format-patch を使って送りたくはない、ということかもしれません。

そんなとき、git bundle コマンドが役に立つでしょう。このコマンドを使うと、git push コマンドで転送されるのと同内容のデータを単一のバイナリファイルにまとめてくれます。あとは、そのファイルをメールで送るか USB メモリに入れるなどしておいて、別のリポジトリ上で展開すればいいのです。

コミットが2つあるリポジトリを使って、簡単な例を紹介します。

$ git log
commit 9a466c572fe88b195efd356c3f2bbeccdb504102
Author: Scott Chacon <schacon@gmail.com>
Date:   Wed Mar 10 07:34:10 2010 -0800

    second commit

commit b1ec3248f39900d2a406049d762aa68e9641be25
Author: Scott Chacon <schacon@gmail.com>
Date:   Wed Mar 10 07:34:01 2010 -0800

    first commit

このリポジトリを相手に送りたいのだけど、プッシュすべきリポジトリの書き込み権限が付与されていないとしましょう(あるいは、わざわざ権限を設定したくなかったのかもしれません)。そういった場合には、git bundle create コマンドを使うとそのリポジトリをまとめられます。

$ git bundle create repo.bundle HEAD master
Counting objects: 6, done.
Delta compression using up to 2 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (6/6), 441 bytes, done.
Total 6 (delta 0), reused 0 (delta 0)

これで、repo.bundle というファイルが生成されました。対象リポジトリの master ブランチを復元できるだけのデータが含まれたファイルです。この bundle コマンドを使うには、まとめたい対象を範囲指定されたコミットや参照の形で指定する必要があります。クローン元となる予定であれば、HEAD を参照として追加しておくほうがよいでしょう(上記の例と同様)。

この repo.bundle ファイルはメールで送ってもいいですし、USB メモリに入れて持っていってもかまいません。

では、この repo.bundle ファイルを受け取った側はどうなるのでしょうか。該当のプロジェクトで作業をしたいとします。その場合、このバイナリファイルをディレクトリ上にクローンできます。URL を指定してクローンするのとなんら変わりありません。

$ git clone repo.bundle repo
Cloning into 'repo'...
...
$ cd repo
$ git log --oneline
9a466c5 second commit
b1ec324 first commit

まとめる対象として HEAD が含まれていないと、ここで、 -b master のように、なんらかのブランチを指定しなければなりません。そうしないと、どのブランチをチェックアウトすべきか、判断する術がないからです。

続いて、さきほど受け取ったリポジトリにコミットを3つ追加しました。バンドルファイルを作成して、USB メモリかメールで送り返してみましょう。

$ git log --oneline
71b84da last commit - second repo
c99cf5b fourth commit - second repo
7011d3d third commit - second repo
9a466c5 second commit
b1ec324 first commit

それには、バンドルファイルにまとめたいコミット範囲をまず決めます。ネットワークを使った方法であれば転送すべき範囲を最小限に自動で絞り込んでくれますが、ここでは手動で絞りこまねばなりません。最初にバンドルファイルを作ったときのようにリポジトリ全体をまとめてもかまいませんが、差分(この場合は追加したコミット3つ)だけをまとめるほうがよいでしょう。

そうするには、差分を割り出す必要があります。コミットの範囲指定 で解説したとおり、コミット範囲を指定する方法はたくさんあります。手元の master ブランチにはあってクローン元のブランチにはないコミット3つを指定するには、origin/master..mastermaster ^origin/master などとするとよいでしょう。記述をテストするには、log コマンドを使います。

$ git log --oneline master ^origin/master
71b84da last commit - second repo
c99cf5b fourth commit - second repo
7011d3d third commit - second repo

対象のコミットがわかったので、ひとつにまとめてみましょう。バンドルファイルのファイル名と対象のコミット範囲を指定して git bundle create コマンドを実行します。

$ git bundle create commits.bundle master ^9a466c5
Counting objects: 11, done.
Delta compression using up to 2 threads.
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (9/9), 775 bytes, done.
Total 9 (delta 0), reused 0 (delta 0)

このようにすると、リポジトリ内に commits.bundle ファイルが生成されます。そのファイルを送り返すと、受け取った相手は元のリポジトリにその内容を取り込めます。そのリポジトリに他の作業内容が追加されていたとしても問題にはなりません。

バンドルファイルを受け取った側は、それを検査して中身を確認できます。その後、元のリポジトリに取り込めばよいのです。そのためのコマンドが bundle verify で、これを実行すると、そのファイルが Git のバンドルファイルであること、そのバンドルファイルを取り込むのに必要となる祖先が手元のリポジトリにあるかどうかを検査できます。

$ git bundle verify ../commits.bundle
The bundle contains 1 ref
71b84daaf49abed142a373b6e5c59a22dc6560dc refs/heads/master
The bundle requires these 1 ref
9a466c572fe88b195efd356c3f2bbeccdb504102 second commit
../commits.bundle is okay

バンドルファイルを作る側が、追加されたコミット3つのうち2つしかバンドルファイルに含めなかったとしたらどうなるのでしょうか。その場合、元のリポジトリはそれを取り込めません。歴史を再構成するために必要なデータが揃っていないからです。もし verify コマンドを実行すれば、以下のようになるでしょう。

$ git bundle verify ../commits-bad.bundle
error: Repository lacks these prerequisite commits:
error: 7011d3d8fc200abe0ad561c011c3852a4b7bbe95 third commit - second repo

この例では、1つめに検査したバンドルファイルは有効だったので、コミットを取り出せます。バンドルファイルに含まれている取り込み可能なブランチを知りたければ、ブランチ参照をリストアップするためのコマンドもあります。

$ git bundle list-heads ../commits.bundle
71b84daaf49abed142a373b6e5c59a22dc6560dc refs/heads/master

verify サブコマンドを使っても、同様にブランチ参照をリストアップできます。大事なのは、何が取り込めるのかを確認する、ということです。そうすれば、fetchpull コマンドを使ってバンドルファイルからコミットを取り込めるからです。ここでは、バンドルファイルの master ブランチを、手元のリポジトリの other-master ブランチに取り込んでみましょう。

$ git fetch ../commits.bundle master:other-master
From ../commits.bundle
 * [new branch]      master     -> other-master

そうすると、master ブランチに追加したコミットはそのままで、other-master ブランチ上にバンドルファイルからコミットが取り込まれていることがわかります。

$ git log --oneline --decorate --graph --all
* 8255d41 (HEAD, master) third commit - first repo
| * 71b84da (other-master) last commit - second repo
| * c99cf5b fourth commit - second repo
| * 7011d3d third commit - second repo
|/
* 9a466c5 second commit
* b1ec324 first commit

このように、データの共有やネットワークを使う作業に git bundle はとても便利なコマンドです。特にネットワーク環境や共有リポジトリがない状態ではそれを実感できるでしょう。