Git
Chapters ▾ 2nd Edition

A3.12 Appendix C: Gitのコマンド - 配管コマンド

配管コマンド

本書では、低レベルな配管コマンドが何度も出てきています。

最初に ls-remote コマンドが出てきたのは プルリクエストの参照 でした。ここでは、サーバ上の生の参照を見るためにこのコマンドを使用しました。

マージの手動再実行Rerere および インデックス では、ls-files を使用して、ステージングエリアがどのようになっているかをより生に近い状態で見てきました。

ブランチの参照 では rev-parse について言及しました。ここでは、任意の文字列を受け取ってオブジェクトのSHA-1へ変換するのに使用しました。

しかし、低レベルの配管コマンドのほとんどは、多かれ少なかれ、そこにフォーカスした章である Gitの内側 で取り上げられています。 また本書の他の大部分では、これらのコマンドを使用しないように努めました。