Git --distributed-is-the-new-centralized
Chapters ▾

6.2 Git のさまざまなツール - 対話的なステージング

対話的なステージング

Git には、コマンドラインでの作業をしやすくするためのスクリプトがいくつか付属しています。ここでは、対話コマンドをいくつか紹介しましょう。これらを使うと、コミットの内容に細工をして特定のコミットだけとかファイルの中の一部だけとかを含めるようにすることが簡単にできるようになります。大量のファイルを変更した後に、それをひとつの馬鹿でかいコミットにしてしまうのではなくテーマごとの複数のコミットに分けて処理したい場合などに非常に便利です。このようにして各コミットを論理的に独立した状態にしておけば、同僚によるレビューも容易になります。git add-i あるいは --interactive というオプションをつけて実行すると、Git は対話シェルモードに移行し、このように表示されます。

$ git add -i
           staged     unstaged path
  1:    unchanged        +0/-1 TODO
  2:    unchanged        +1/-1 index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb

*** Commands ***
  1: status     2: update      3: revert     4: add untracked
  5: patch      6: diff        7: quit       8: help
What now>

このコマンドは、ステージングエリアに関する情報を違った観点で表示します。git status で得られる情報と基本的には同じですが、より簡潔で有益なものとなっています。ステージした変更が左側、そしてステージしていない変更が右側に表示されます。

Commands セクションでは、さまざまなことができるようになっています。ファイルをステージしたりステージングエリアから戻したり、ファイルの一部だけをステージしたりまだ追跡されていないファイルを追加したり、あるいは何がステージされたのかを diff で見たりといったことが可能です。

ファイルのステージとその取り消し

What now> プロンプトで 2 または u と入力すると、どのファイルをステージするかを聞いてきます。

What now> 2
           staged     unstaged path
  1:    unchanged        +0/-1 TODO
  2:    unchanged        +1/-1 index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb
Update>>

TODO と index.html をステージするには、その番号を入力します。

Update>> 1,2
           staged     unstaged path
* 1:    unchanged        +0/-1 TODO
* 2:    unchanged        +1/-1 index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb
Update>>

ファイル名の横に * がついていれば、そのファイルがステージ対象として選択されたことを意味します。Update>> プロンプトで何も入力せずに Enter を押すと、選択されたすべてのファイルを Git がステージします。

Update>>
updated 2 paths

*** Commands ***
  1: status     2: update      3: revert     4: add untracked
  5: patch      6: diff        7: quit       8: help
What now> 1
           staged     unstaged path
  1:        +0/-1      nothing TODO
  2:        +1/-1      nothing index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb

TODO と index.html がステージされ、simplegit.rb はまだステージされていないままです。ここで仮に TODO ファイルのステージを取り消したくなったとしたら、3 あるいは r (revert の r) を選択します。

*** Commands ***
  1: status     2: update      3: revert     4: add untracked
  5: patch      6: diff        7: quit       8: help
What now> 3
           staged     unstaged path
  1:        +0/-1      nothing TODO
  2:        +1/-1      nothing index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb
Revert>> 1
           staged     unstaged path
* 1:        +0/-1      nothing TODO
  2:        +1/-1      nothing index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb
Revert>> [enter]
reverted one path

もう一度 Git のステータスを見ると、TODO ファイルのステージが取り消されていることがわかります。

*** Commands ***
  1: status     2: update      3: revert     4: add untracked
  5: patch      6: diff        7: quit       8: help
What now> 1
           staged     unstaged path
  1:    unchanged        +0/-1 TODO
  2:        +1/-1      nothing index.html
  3:    unchanged        +5/-1 lib/simplegit.rb

ステージした変更の diff を見るには、6 あるいは d (diff の d) を使用します。このコマンドは、ステージしたファイルの一覧を表示します。その中から、ステージされた diff を見たいファイルを選択します。これは、コマンドラインで git diff --cached を使用するのと同じようなことです。

*** Commands ***
  1: status     2: update      3: revert     4: add untracked
  5: patch      6: diff        7: quit       8: help
What now> 6
           staged     unstaged path
  1:        +1/-1      nothing index.html
Review diff>> 1
diff --git a/index.html b/index.html
index 4d07108..4335f49 100644
--- a/index.html
+++ b/index.html
@@ -16,7 +16,7 @@ Date Finder

 <p id="out">...</p>

-<div id="footer">contact : support@github.com</div>
+<div id="footer">contact : email.support@github.com</div>

 <script type="text/javascript">

これらの基本的なコマンドを使えば、ステージングエリアでの対話的な追加モードを多少簡単に扱えるようになるでしょう。

パッチのステージ

Git では、ファイルの特定の箇所だけをステージして他の部分はそのままにしておくということもできます。たとえば、simplegit.rb のふたつの部分を変更したけれど、そのうちの一方だけをステージしたいという場合があります。Git なら、そんなことも簡単です。対話モードのプロンプトで 5 あるいは p (patch の p) と入力しましょう。Git は、どのファイルを部分的にステージしたいのかを聞いてきます。その後、選択したファイルのそれぞれについて diff のハンクを順に表示し、ステージするかどうかをひとつひとつたずねます。

diff --git a/lib/simplegit.rb b/lib/simplegit.rb
index dd5ecc4..57399e0 100644
--- a/lib/simplegit.rb
+++ b/lib/simplegit.rb
@@ -22,7 +22,7 @@ class SimpleGit
   end

   def log(treeish = 'master')
-    command("git log -n 25 #{treeish}")
+    command("git log -n 30 #{treeish}")
   end

   def blame(path)
Stage this hunk [y,n,a,d,/,j,J,g,e,?]?

ここでは多くの選択肢があります。何ができるのかを見るには ? を入力しましょう。

Stage this hunk [y,n,a,d,/,j,J,g,e,?]? ?
y - stage this hunk
n - do not stage this hunk
a - stage this and all the remaining hunks in the file
d - do not stage this hunk nor any of the remaining hunks in the file
g - select a hunk to go to
/ - search for a hunk matching the given regex
j - leave this hunk undecided, see next undecided hunk
J - leave this hunk undecided, see next hunk
k - leave this hunk undecided, see previous undecided hunk
K - leave this hunk undecided, see previous hunk
s - split the current hunk into smaller hunks
e - manually edit the current hunk
? - print help

たいていは、yn で各ハンクをステージするかどうかを指定していくでしょう。しかし、それ以外にも「このファイルの残りのハンクをすべてステージする」とか「このハンクをステージするかどうかの判断を先送りする」などというオプションも便利です。あるファイルのひとつの箇所だけをステージして残りはそのままにした場合、ステータスの出力はこのようになります。

What now> 1
           staged     unstaged path
  1:    unchanged        +0/-1 TODO
  2:        +1/-1      nothing index.html
  3:        +1/-1        +4/-0 lib/simplegit.rb

simplegit.rb のステータスがおもしろいことになっています。ステージされた行もあれば、ステージされていない行もあるという状態です。つまり、このファイルを部分的にステージしたというわけです。この時点で対話的追加モードを抜けて git commit を実行すると、ステージした部分だけをコミットすることができます。

最後に、この対話的追加モードを使わずに部分的なステージを行いたい場合は、コマンドラインから git add -p あるいは git add --patch を実行すれば同じことができます。