Git --local-branching-on-the-cheap
Chapters ▾

1.2 使い始める - Git略史

Git略史

人生における多くの素晴らしい出来事のように、Gitはわずかな創造的破壊と熱烈な論争から始まりました。Linuxカーネルは、非常に巨大な範囲のオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの一つです。Linuxカーネル保守の大部分の期間(1991-2002)の間は、このソフトウェアに対する変更は、パッチとアーカイブしたファイルとして次々にまわされていました。2002年に、Linuxカーネル・プロジェクトはプロプライエタリのDVCSであるBitKeeperを使い始めました。

2005年に、Linuxカーネルを開発していたコミュニティと、BitKeeperを開発していた営利企業との間の協力関係が崩壊して、課金無しの状態が取り消されました。これは、Linux開発コミュニティ(と、特にLinuxの作者のLinus Torvalds)に、BitKeeperを利用している間に学んだ幾つかの教訓を元に、彼ら独自のツールの開発を促しました。新しいシステムの目標の幾つかは、次の通りでした:

  • スピード
  • シンプルな設計
  • ノンリニア開発(数千の並列ブランチ)への強力なサポート
  • 完全な分散
  • Linux カーネルのような大規模プロジェクトを(スピードとデータサイズで)効率的に取り扱い可能

2005年のその誕生から、Gitは使いやすく発展・成熟してきており、さらにその初期の品質を維持しています。とても高速で、巨大プロジェクトではとても効率的で、ノンリニア開発のためのすごい分岐システム(branching system)を備えています(第3章参照)。