Git --fast-version-control
Chapters ▾

1.1 使い始める - バージョン管理に関して

バージョン管理に関して

バージョン管理とは何でしょうか。また、なぜそれを気にする必要があるのでしょうか。バージョン管理とは、一つのファイルやファイルの集合に対して時間とともに加えられていく変更を記録するシステムで、後で特定バージョンを呼び出すことができるようにするためのものです。本書の例では、バージョン管理されるファイルとしてソフトウェアのソースコードを示していますが、実際にはコンピューター上のあらゆる種類のファイルをバージョン管理のもとに置くことができます。

もしあなたがグラフィックス・デザイナーやウェブ・デザイナーで、画像やレイアウトの全てのバージョンを保存しておきたいとすると(きっとそうしたいですよね)、バージョン管理システム(VCS)を使うというのはいい考えです。VCSを使うことで、ファイルを以前の状態まで戻したり、プロジェクト丸ごとを以前の状態に戻したり、過去の変更履歴を見直したり、問題が起こっているかもしれないものを誰が最後に修正したか、誰がいつ問題点を混入させたかを確認したりといった様々なことができるようになります。また、VCSを使うと、やっていることがめちゃくちゃになってしまったり、ファイルを失ったりしても、普通は簡単に復活させることができるようになります。それに、これらのことにかかるオーバーヘッドは僅かなものです。

ローカル・バージョン管理システム

多くの人々が使っているバージョン管理手法は、他のディレクトリ(気の利いた人であれば、日時のついたディレクトリ)にファイルをコピーするというものです。このアプローチはとても単純なので非常に一般的ですが、信じられないほど間違いが起こりやすいものです。どのディレクトリにいるのか忘れやすく、うっかり間違ったファイルに書き込んだり、上書きするつもりのないファイルを上書きしてしまったりします。

この問題を扱うため、はるか昔のプログラマは、ローカルのVCSを開発しました。それは、バージョン管理下のファイルに対する全ての変更を保持するシンプルなデータベースによるものでした(図1-1参照)。


図1-1. ローカル・バージョン管理図解

もっとも有名なVCSツールの一つは、RCSと呼ばれるシステムでした。今日でも、依然として多くのコンピューターに入っています。人気のMac OS Xオペレーティング・システムでも、開発者ツールをインストールするとrcsコマンドが入っています。このツールは基本的に、リビジョン間のパッチ(ファイル間の差分)の集合を特殊なフォーマットでディスク上に保持するという仕組みで動いています。こうすることで、任意のファイルについて、それが過去の任意の時点でどういうものだったかということを、パッチを重ね上げていくことで再現することができます。

集中バージョン管理システム

次に人々が遭遇した大きな問題は、他のシステムを使う開発者と共同作業をする必要があるということです。この問題に対処するために、集中バージョン管理システム(CVCSs)が開発されました。このようなシステムにはCVS、Subversion、Perforceなどがありますが、それらはバージョン管理されたファイルを全て持つ一つのサーバーと、その中心点からファイルをチェックアウトする多数のクライアントからなっています。長年の間、これはバージョン管理の標準でした(図1-2参照)。


図1-2. 集中バージョン管理図解

この構成には、特にローカルVCSと比べると、多くの利点があります。例えば、プロジェクトの他のみんなが何をしているのか、全員がある程度わかります。管理者は、誰が何をできるのかについて、きめ細かくコントロールできます。それに、一つのCVCSを管理するのは、全てのクライアントのローカル・データベースを取り扱うより、ずっと簡単です。

しかし、この構成には深刻なマイナス面もあります。もっとも明白なのは、中央サーバーという単一障害点です。そのサーバーが1時間の間停止すると、その1時間の間は全員が、共同作業も全くできず、作業中のものにバージョンをつけて保存をすることもできなくなります。もし中央データベースのあるハードディスクが破損し、適切なバックアップが保持されていなければ、完全に全てを失ってしまいます。プロジェクトの全ての履歴は失われ、残るのは個人のローカル・マシンにたまたまあった幾らかの単一スナップショット(訳者注:ある時点のファイル、ディレクトリなどの編集対象の状態)ぐらいです。ローカルVCSシステムも、これと同じ問題があります。つまり、一つの場所にプロジェクトの全体の履歴を持っていると、全てを失うリスクが常にあります。

分散バージョン管理システム

ここで分散バージョン管理システム(DVCSs)の出番になります。DVCS(Git、Mercurial、Bazaar、Darcsのようなもの)では、クライアントはファイルの最新スナップショットをチェックアウト(訳者注:バージョン管理システムから、作業ディレクトリにファイルやディレクトリをコピーすること)するだけではありません。リポジトリ(訳者注:バージョン管理の対象になるファイル、ディレクトリ、更新履歴などの一群)全体をミラーリングするのです。そのため、あるサーバーが故障して、DVCSがそのサーバーを介して連携していたとしても、どれでもいいのでクライアント・リポジトリの一つをサーバーにコピーすれば修復できます。チェックアウトは全て、実際は全データの完全バックアップなのです(図1-3を参照)。


図1-3. 分散バージョン管理システムの図解

さらに、これらのDVCSの多くは、複数のリモート・リポジトリで作業をするということがうまく扱えるようになっているので、異なった方法で異なる人々のグループと同時に同じプロジェクト内で共同作業することができます。このため、階層モデルなどの、集中システムでは不可能な幾つかのワークフローが構築できるようになっています。